ウーマン

賃貸経営者の味方!評判が良い日本賃貸保証会社

原状回復の保証を適用

男女

退去と原状回復

賃貸物件から退去をするときには入居者は原状回復義務を負うことになります。オーナーとしては元通りの姿の物件を返してもらえるという前提に立てるものの、現実的には完璧な形で原状回復が行われているとは限りません。賃貸管理を行う上では次の入居者が入るまでに理想的な物件の状態に戻す必要があります。通常は原状回復義務が達成されていない場合には費用を入居していた人に請求することが可能です。しかし、その代わりに賃貸管理会社に対して費用を請求できる仕組みがあります。それが原状回復の保証であり、明確な形で原状回復が行われていない場合にはその状況に応じて賃貸管理会社が費用を肩代わりをしてくれるという保証を選ぶことが可能です。

速やかな修繕の実施

原状回復の保証は通常はオプションサービスとして提供されていますが、加入するオーナーも多くなっています。これは原状回復ができていない状況から修繕を行って、次の入居者を迎え入れるまでに時間がないことが多く、費用の工面に時間をかけていられないからです。できるだけタイムラグを短くした方が賃貸経営による収入が大きくなるため、退去前から入居者を募集するのが通常であり、退去からわずかな期間で次の入居者が来ることはよくあるのです。その費用をまずは賃貸管理会社から手に入れることができるため、滞りなく修繕を実施することができるでしょう。しばしば原状回復費用の請求には時間がかかるので、それを待たずに必要なお金が手に入るのが人気の理由になるのです。